「木製・国内」製紙パレットの無料回収とリユースは、日本パレット流通センターがお引き受けします。

無料回収Q&A

木製パレットの回収・再利用システムとは、何ですか?

国内木製パレットは、メーカーが指定した回収業者によって回収され、
各メーカーに返却。再利用されています。

認定証

製紙メーカーが紙などを販売するときに、それらを乗せてくるのが製紙パレットです。この、製紙パレットは、紙類の販売価格には含まれていません。
製紙パレットは、メーカーが指定した回収業者によって回収、各メーカーに返却されます。その後、修理補修などをして再利用されているのです。
今まで倉庫や敷地を占領していた製紙パレットも、「木製・国内」のパレットであれば、メーカーが指定した回収業者がうかがい、このシステムにのせることができるのです。

無料回収の流れ

なぜ、無料になるのですか?

製紙パレットを回収にうかがう回収業者は、
製紙パレット機構より手数料をいただいているからです。

写真(パレットアップ)

これまで、処理業者に廃棄処理費用を支払っていた方にとっては「なぜ?」と思えるこの無料回収システム。「木製・国内」製紙パレットであれば、無料で回収いたします。
この無料回収システムによってうかがう回収業者は、お客様からは手数料を一切いただきません。なぜなら、国内の主要製紙会社が設立する製紙パレット機構から、きちんと手数料をいただいているからです。

製紙パレット 無料回収とは?

回収まで、どれくらいかかりますか?

写真(トラック)

ご連絡をいただければ、2日間以内でうかがうこともできます。

パレットのたまり方は、お客様によってそれぞれです。月にトラック10台分のお客様もいらっしゃいますし、2カ月で1台分というお客様もいらっしゃいます。回収業者といたしましては、数は多いほど良いですが、御都合次第で、1山でもOKです!!
しかし「今週、本社から視察が来る!」ということもあるかと思います。そんなときは、すぐにご連絡ください。ご連絡をいただいてから2日間以内でうかがうこともできます。
特に、回収予定を素早く貴社へ回答する事に注意しています。

実際の作業では、どこまで任せることになりますか?

フォークリフトだけをお貸しください。
あとの作業は、全てお任せいただいています。

photo_forklift

回収にうかがうのはトラックの運転手です。しかし、この運転手はフォークリフトの使い手でもあります。フォークリフトだけお貸しいただければ、実際の積み込み作業は、この運転手に全てお任せ。
もう、パレットの回収日に、フォークリフトを運転できる社員を確保する必要はありません。

パレットを回収してもらうメリットは?

今まで製紙パレットの廃棄処理にかかっていた費用と時間。
これらが、全ていらなくなります。

お客様からは、回収業者へご連絡をいただくことと、回収時にフォークリフトをお貸しいただくだけ。
あとは、回収業者にお任せください。
今までかかっていた費用と時間が、これからはもういらなくなるのです。
写真(見える化)

当社へのご用は・・・

本社・江戸川事業所

〒134-0084
東京都江戸川区東葛西8-19-20
TEL:03-3686-8010
担当:髙橋
FAX:03-3686-8012
E-mail:edogawa@nprc.co.jp
HP:http://www.nprc.co.jp/
本社地図 ⇒

市川事業所

〒272-0013
千葉県市川市高谷3-1285-1
TEL:047-328-8010
 担当:佐藤
FAX:047-328-8012
市川事業所地図 ⇒

関連リンク

  • 株式会社 製紙パレット機構

  • 日本製紙連合会

お気軽にお問い合せください ->